F1ドライバーKimi Raikkonenをひたすら追っかけるブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第1弾に続き第2弾です。
第1弾も少し訂正して頂いた上、さらに今度は動画のリンクまで頂きました!!
ホント、いつもいつもありがとうございます>missy様
感謝しきれません・・・頭もあがりません!!

だけど、まだ私はまだ見れてないです・・・なぜか。
何だかうまく見れないんですよね・・・困った困ったo(><;)o
でもせっかく頂いたのでLINKはっておきますね!!
ぜひご覧になった方はまだ見れてない雪のためにぜひ感想をよろしく!!
ではではお楽しみくださーい!ちなみに上の写真は偶然見つけたものですが、何だかとっても綺麗に思えてお気に入りの一枚です♪
こういうのを見てたらまた写真特集したくなってきたなぁ~☆
と、いうわけで近いうちにやってるかもよ?(笑)
ではインタビューをお楽しみ下さい。
* あなたは世界中を旅してるよね、バーレーン、マレーシア、中国のような所にも行ったし。誰か人に言えるような場所はある? 例えば”そこに行くのが大好き!”とか”どこも興味ない”とか。
Kimi: サーキットではスパが好きだよ、ドライブするのにいいトラックだし。スパではテストが出来ないから年に1度だけ行くことが出来るんだ。スパの街自体はそれほどいいトコでもないけどサーキットは本当に最高でパーフェクトだね。チャレンジングじゃないサーキットだけどオーストラリアはいい街だよね、やりたい事出来るし。それから新しい場所に行くのはいつもいい気分だよね。

* 新しいといえば、トルコは最高だったね。
Kimi: (トルコの)街には驚いた!(雰囲気が)全然違うんだ!でもとてもいいトコだよ。

* テーブルの上にレーシングスーツがあります、実はその下にある物を隠してるんだ:これは何でしょう?(雑誌:Kimiとミハエルの全身像だけど顔だけ取り替えてある)
Kimi: (見たのは)2回目だし、、、すでに1回見たよ(苦笑)

* イタリア人はここから始まるからね。
Kimi: F1に来た時、すでに僕がフェラーリに行く話があったよ。今またその話が続いてるし、毎年同じだね。この時期は誰がどこに行くのか話すんだよね。僕は今1つだけ契約してて、それは来年もここ(マクラーレン)って事で、その先はどうなるかわからないよ。

* ここまで長い道のりだったよ、、、ロバートソン親子はあなたの世話をしてるよね。
Kimi: うん、それについては何も心配してないよ。

* スティーヴにはドライバーの経験もある。彼とドライビングについて今まで/これからも話す? それとも話したことはない?
Kimi: ないない(笑) 彼らは僕のドライビングを信じてくれてるし、僕のためにあらゆる事をしてくれてる、彼らなしに僕はここにはいないよ。彼らとはいつもいい感じだよ。

* あと一つ質問。もしあなたがチームメートを選べるとしたら誰を選ぶ?
Kimi: フィンランドの友達一人を選ぶと思うよ。


* 私達の知らない別のフィンランド人ドライバーが(F1に)来るの?
Kimi: 知らない、(そういう人が)沢山いるといいね。ヘイッキはいいポジションにいるんじゃない?でももっと沢山の人(フィンランド人)が(F1に)来られればいいね。

* 私達はいつもゲストの方に何か持ってくるようにお願いしています。あなたの持っているのはこれね。これが何かは訪ねないよ...ハンドルじゃないな...ユニフォームだ!!!あなたはこれは”命を守ってくれる服”だと感じたことある?あなたはスポンサーのためにこれを着なければならないよね、あなたにはこれが”命を守ってくれる服”に見える?
Kimi: いやっ...もし火事にでもなればジーンズとかよりは確かに助かるけど...そうは思わないよ。レースやテストでこれを着るのは僕らにとっては日常のことだし。とても着心地がよくていいんだ。

* これは特注? 何故ならジャックがXXLを欲しがってるのを知ってるから。。。
Kimi: うん、各ドライバーごとに特注だよ。もしもっと大きいのや小さいの、ベルトなしやポケット...どんなでも作ってくれるよ。着心地よくするべきだね、レースは長いんだから。ちょうどいいサイズにするのが一番重要だね。

* 君に白状しなきゃいけない事があって、、、僕は君がまだチャンピオンになれるとインターネットで内緒で賭けたんだ。賛成してくれる?
Kimi: 挑戦するよ、そうなることを期待したいね。

* 幸運を祈ってるよ!これを見てたオランダ人のみんなは幸せだね。
Kimi: ありがとう。

* ありがとう。‘Vitu Vitu Vitu’(笑)
Kimi: (笑)

<LINK>
Kimi Raikkonen Interview No1

動画1
動画2
動画3

インタビュアーはKimiがチャンピオンになると賭けてたんですね(笑)
残念ながら賭けには負けちゃったと思うのですが、来年は実現できるといいですね!

missy様、貴重なインタビューを本当にありがとうございました!!
本当に私も楽しかったです><いつも何もお礼が出来てないですが、また私に出来る事があればぜひぜひいつもで言ってくださいね!!

<追記>
上記のURLで確認出来なかった方は下記のURLで試してみてください。
動画1
動画2
動画3

音声しか聞こえないよ?って方はコチラをインストールしてみてお試し下さいね!!

皆様、情報ありがとうございました!動作環境に責任は持てませんが・・・皆さんが見れるといいなぁ~♪
スポンサーサイト



9月の始め頃にいつもお世話になっているmissy様からオランダテレビでKimiがInterviewに答えたようでその訳を頂きました。いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

せっかく頂いたので早く載せたかったのですが、シーズン終盤ってのもありましたし、動画あれば探してみようと思ってたのですが、結局見つからないのでInterviewだけでも載せてみます。ちょっと長めなので分けて載せますね。

では第1弾どうぞーーー♪

* Kimi、ようこそ!オランダ代表として暖かくあなたを迎えます。
あなたがまだ少年だったころオランダから今の人生が始まったよね。

Kimi: スタートはフィンランドだよ。でもちゃんとカートを始めたのはピーターと一緒にオランダで。とても助けてもらっらよ。僕のキャリアの中での大きなチャンスだったね。

* 今でもカートは好き?少年達にとっては素晴らしい(モータースポーツ)よね。
Kimi: うん、レースを学んでいくには最適だよね。時々、時間があればやるよ、楽しいからね。

* ピーターが一度あなたの趣味の話をしてくれた事があるんだけど...それは...
Kimi: イエス、寝ること!寝るのは好きだよ。若かったし、、全ての若者に睡眠は必要だから、、いい事だよ。

* 確か最初にあなたに会ったのはヘレスだったかな、フォーミュラルノーから来たからまだスーパーライセンスが発給されるかどうか確かじゃなかった頃だったよね。
F3000やF3でレースをしなかった事をミスしたと思った事はある?

Kimi: いや、そんなことないよ。F1の世界に早く入れるに越したことはないさ。僕はフォーミュラルノーでいい時間を過ごしたけど、そこが辿り着きたい世界かい? ストレートでF1に辿り着く事は僕の夢だったし、一切の無駄な時間を費やさなかったんだ。この世界、F1に来られて幸せだよ。

* あなたはザウバーからF1をスタートしました。もし振り返えれるなら、、、あなたはあえてトップチームからF1に挑んだ? それとも中堅チームからF1に入った方がいいと思う?
Kimi: うん、そう思うよ。結局、小さいチームからスタートしてよかった。そんなに沢山の人間が働いてなかったから僕には楽だったな。でももしトップチームに入れるチャンスがあるなら行くべきだね。で、うまくいけばチームのボスが満足してくれて居続けられるし。でも、僕にとってザウバーに行ったことはいい事だったよ。家族のようなチームでありプロフェッショナルであり、、、でもビックチームとは違う雰囲気だね。

* ザウバーとマクラーレンに働き方で本当に大きな違いはある?
Kimi: さっき家族のようなチームって言ったけどそういう意味じゃないよ、彼ら(ザウバー)はとてもプロフェッショナルだし、やるべきことをわかってるし。でも、もちろん、働いている人は多くないよね、それからマシンを早くするために十分なお金も持ってない。でも一番大きな違いは彼らの拠点はスイス、マクラーレンはイギリスって事だと思う。もちろん彼らのやり方は違っても常に同じ結果を出そうとがんばってるし。どっちもいいトコも悪いトコもあるよ。

* Kimi、今年のモンツァは、、ここではとてもいいテスト結果も出してるし、マシンはシーズンを通して速さを持ってるよね。でもいまだプレッシャーは大きい? あなたはまだチャンピオンシップを獲得するチャンスがあるよ。
Kimi: うん、でも残念なことに僕らはチャンピオンシップに勝てる一番有利な立場にいないんだ。でも少なくとも望みはある、僕らにはいいパッケージがあるし、だから僕らは勝ちに行くよ。簡単じゃない、でも僕らは出来る限りベストを尽くすよ。うまくいけば僕らはいいレースをここで出来るし残り4戦もいけるよ。

* (略) 例えば‘Vitu vitu vitu’?(フィンランドのスラング?) フィンランド語だよね?
Kimi: うん、バッドワード(笑)

* おー!オランダTVでなら言えるよ(笑) Vituがどういう意味か説明しましょう、”くそっ”みたいな意味ね。
Kimi: もちろんその時は失望するし怒るでしょ。でもその後は出来る限り早く忘れるべきだよ、何故ならそれはあなたのエネルギーと時間を無駄にするだけだから。それはあなたにとって何者にも変えられないものだから。
ミスから学んで次のレースで起こらないようにするんだ。それが起きて怒った時は僕はいつも少しの間クールダウンさせるんだ。

という感じでした。貴重なインタビューを本当にありがとうございます☆
また第2弾も日をあけないうちに載せたいと思いますので、待っていてくださいね。

missy様、本当にいつもありがとうございました。感謝してます><
(どうどうと名前出しちゃってるけど、もしちょっとってなら消しますので教えてください。)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Kimi Raikkonen + Formula 1 all rights reserved.
PROFILE

雪

  • Author:雪(Profile

  • 雪のF1専用BLOGです。F1レーサーKimi Raikkonenをひたすら応援するBLOGです。旧はコチラ

  • FC2ブログ

  • Barca中心、雪のサッカーブログ 超不定期更新!交換日記?形式のミーハーブログ

    Get Firefox

    CATEGORY
    Photo

    Official Link
    F1 News Link
    Next Race


    スポーツ系ブログパーツ配布所【SBP】

    2008 Grand Prix

    Fri 21 March 2008
    Friday Practice 1 10:00 - 11:30
    Friday Practice 2 14:00 - 15:30
    Sat 22 March 2008
    Saturday Practice 11:00 - 12:00
    Qualifying 14:00
    Sun 23 March 2008
    Race 15:00

    フジCS TVスケジュール 2008 Formula 1 Grand Prix Official

    Kimi memo
    Kimi Video

    Kimi動画をPICK UP!!












    Blog People

    ブロとも申請フォーム
    ARCHIVES
    RECENT TRACKBACKS

    RSS
    SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。